荷物マジックダンボールは必需品

あまり通うことも少ない区役所で手続きをすませたら……後は荷造りの始まりです。部屋がさっぱりする反面、体力を使う場面でもあります。荷造りといえばダンボールに詰めるのですが、これは業者のサービスだったり、自前で用意したり。見積もりの時に相談すれば、安価で手に入ることもあるので、手に入れておきましょう。ダンボールへの詰め方は個人の思うがままで大丈夫です。入りきらないほど詰めなければ、また重過ぎるものをまとめすぎなければ。必要なものを詰めたら、何色のマジックでもいいので中身をメモしておきましょう。メモ用紙ではなく、ダンボールに直に書いておくとわかりやすいです。

荷造りをしているとゴミもいろいろでてきますが、しっかりざっくり処分しておきましょう。荷物のまとめ忘れがあると、引越し当日に引っ張り出されて驚くことがあります。もったいない根性を発揮させるより、身辺整理気分で荷物をまとめていくのが吉です。引越し前日まで使うものは別の場所によけるなりして、わかりやすくしておくこと。必要なものまでダンボールに詰めてしまうことも、よくありますから。一人暮らしなら家具などは業者さんにおまかせしてしまいましょう。自分でできるものから、荷造りして当日にそなえましょう。

Copyright© 引越しのイロハ代わりのポイントについて All Rights Reserved.