当日は時間を守るのがベスト

荷造り終えて、最終確認をし終わったら後はお引越しだけ。しかし当日はその日の朝使っていた日用品などを、ささっと荷造りする作業があります。賃貸なら、部屋を明け渡しすることも必要なので、鍵は手元においときましょう。事前に準備ができていれば、後は時間に気をつけるだけです。ご自分の友人などで引越しをするのなら、特別手順に縛られる必要はありません。業者さんが来たら、どんな流れなのかを改めて確認を。見積もり書はもちろん手元に、印鑑お財布も忘れずに。荷物を運ぶ順番はおまかせでないなら、積み込みが終わるまで立会い必須です。
運び出された家具の部分など、部屋の中を軽く掃除しておくのも忘れずに。業者さんがスムーズなら、お邪魔にならない程度に掃除をしてみてもいいですね。

引越しの業者が出発したら、自分も余裕をもって新居へと向かいましょう。到着時間よりも少し早めにつくくらいがちょうどいいですよ。時間にまにわないとき、何かあったときは業者さんから連絡がきます。そのため携帯電話はマナーモードを解除しておきましょうね。いざ当日に迷子にでもならない限りは、時間までに新居へ着くことができます。引越し当日は、新居へついてからが本番といえるでしょう。

Copyright© 引越しのイロハ代わりのポイントについて All Rights Reserved.